ストレングスファインダー

ストレングスファインダーの結果。 私のことをとてもよく表しているので、どんな人かわかると思う。 慎重さ(Deliberative) 自我(Significance) 回復志向(Restorative) 個別化(Individualization) 責任感(Responsibility) 慎重さ(Deliberative) 多くの場合、…

XP祭り2019のかけら #xpjug

二年前は、ただの参加者。そこでいろんな出会いやきっかけがあった。特にLTが印象に残っている。 一年前は、登壇者として。自分の登壇で精一杯だった。直前まではスライド直して、終わったら燃え尽きてた。今年は、なんだったんだろう?何かおかしかった。ぼ…

1on1コーチング体験を受けた

少し前だけど、1on1コーチング体験を受けた。 思い返しながらメモ。安西さんにはとても良い示唆をもらえて、感謝しかない。www.tsuyok.work 雰囲気 なに話してもいいですよ/なんでも聞きますよ、という空気感がわざとらしいくらいにあった。 おかげで、初対…

ファシリテーション基礎講座メモ

大分時間が空いてしまったけど、あとで見返すことができるようにメモ faciliview.connpass.com 基礎 箱(人・場・テーマ)を捉えて 1. 見る 2. フィードバック 3. 考える 4. 「作用する」ことをする 「考える」は経験と知識 「作用する」ことをするは直感 メモ…

DevLOVE Xに参加しました!感謝です! #devlovex

devlove.wixsite.com勉強会参加レポートは書くべき、とブログ愛に感銘を受けたので書く。 発表者に感謝の気持ちを届けるために。 参加できなかった人に情報を届けるために。今回は、講演者の方が豪華すぎて悩んだ結果、 今まで講演を聞いたことがない方を中…

「怒られる」を行動の選択肢に加えてみる

「これを言ったら怒られるかも」「xxをやったら怒られるかも」と思って、足がすくんで立ち止まってしまう。 「怒られる」はゲームオーバー。怒られないようにしなければ。そんな時に 「怒られる」を行動の選択肢に加えてみると いつもより前に進めるかもしれ…

DevLOVE Xのスライドまとめ #devlovex

スピーカー60人超!? 公式 セッション一覧 DevLOVE 新サイト 【Day1】 6/22 6/22 11:00-11:40 新井 剛 普通のエンジニアが10年でニュータイプやスーパーサイヤ人になれるのか?カイゼンさんのジャーニーの巻 松下 雅和スタートアップで培ったアーキテクチャ…

開発者はテストエンジニアの夢を見るか?

いわゆる開発者は、テスト好きじゃない人多い気がする。テストのことどう思ってるんだろう?開発者テストは、最低限これくらいするもんじゃないの? qiita.com テストのことはあとまわし? テストのアーキテクチャ設計は、普通のシステム設計と同程度に難し…

SEUs(Scrum Education Units)の登録時のメモ

ScrumAllianceの認定スクラムマスタを更新するためには、SEUsが必要です。 そのためにSEUsは、自分で登録する必要があるのですが、日本語の説明なくて大変。 英語つらい。 ScrumAllianceのサイトでログインして、Dashboardを表示 https://certification.scru…

スクラムフェス大阪スライドまとめ #scrumosaka

あとから探すの大変なので自分用にまとめた。 公式 セッション一覧 togetter Scrum Fest Osaka 2019 Day 1 野中郁次郎のスクラム〜The New New Product Development Game と知識創造理論と海兵隊 「アジャイルやりたい!」って言うてるニワカ(おっさん)が足…

スクラムフェス大阪に行ってきた!Day1 #scrumosaka

スクラムフェス大阪*1に行ってきた。 当日朝まで精神的に死んでたけど、 参加したら、元気もらって楽しー!ってなりました。 次回は懇親会に参加したい。とにかく勢いで書きます。 Day1 会場は関西大学のキャンパス(?) 1階がスタバでオシャレなビルだった…

XP祭り2018に参加しました #xpjug

9月8日(土)に開催されたXP祭り2018に参加しました。 大変有難いことに、はじめての登壇をさせて頂きました。 しかし、登壇前は緊張と直前まで資料作成と練習、登壇後は燃え尽き。 結果、ほとんど他の方の講演を聞けなかったのは残念。 そうでなくとも、講演…

認定スクラムマスタになるまで

ScrumAlianceの認定スクラムマスタになるまでの申込み、研修を受講、認定(合格)までの流れを個人の体験のまとめ。 ※2018年7〜9月頃の情報 認定スクラムマスタになるには、2つのステップがある。 認定スクラムマスタ研修を受講する 試験に合格する 研修や試…

コミュ障のパフォーマンスを高めるためのネタ集

書きたいことを目次にはしたけど、まだまだ内容は書き途中。随時追記する。 戦術 あいさつ おはよう ありがとう ごめんなさい 傾聴 きちんと聴く 何かしら反応をする とにかく相手に言い分を聞く 詰問に聞こえないようにする 相談してくれてありがとう 共感…

心理的安全性が高いとできること

問題をカジュアルに共有できる 萎縮せずに発言できる 健全な議論ができる ネガティブフィードバックができる 気軽に質問できる 失敗を前提に挑戦できる 都合が悪いことを隠さない チームに背中を預けられる 反論、反対意見を健全に言える 「俺はそうは思わな…

最強最弱のスクラム

『最強最弱のスクラム』とはスクラムをやらないこと って、言ってみたかっただけ。 最近、周りでスクラムスクラム言っている人が増えたんだけど、 表面上スクラムのセレモニーと同じ名前の儀式をやっているだけだよね? と思うことも少なくなくない。 スクラ…

『クラウドはセキュリティが不安』と私が思うのは、フールプルーフではないからかもしれない

クラウドはセキュリティが不安 というと クラウドを推奨する人からは 「クラウドのほうがセキュリティ対策たくさんやってるよ」 みたいな正論が返ってくるんだけど、それはわかるんだけどそうじゃなくって...と思ってしまう。 なぜそう思ったのか。私が不安…

急造チームで短期間で成果を出すには?

モブプロ/モブワークのおかげで『分担作業が当たり前』になっていることに気付かされてから、ときどき分担作業について考えてる。 急造チーム×短期間×分担作業 急造チームでは当然チームワークがないため、分担作業でないと成果を出すのは難しいかもしれな…

DevOpsのCaultureに悶々とした

原典 尊敬(Respect) 信頼(Trust) 失敗に対する健全な態度(Healthy attitude about failure) 非難を避ける(Avoiding Blame) 10+ Deploys Per Day: Dev and Ops Cooperation at Flickr from John Allspaw www.slideshare.net 尊敬と信頼 似てるようでちょっと…

omoiyari.fm #29-1を聞いた時のメモ

今回は特にびびっと来た回。 (2018/3/7 後編分を追記) http://lean-agile.fm/lean-agile.fm [http://lean-agile.fm/lean-agile.fm 論破しない 論破したって自分が気持ちいいだけ。 ため息つかない 人と話した後にため息つくと、話し相手に不満があったよう…