SEUs(Scrum Education Units)の登録時のメモ

ScrumAllianceの認定スクラムマスタを更新するためには、SEUsが必要です。
そのためにSEUsは、自分で登録する必要があるのですが、日本語の説明なくて大変。
英語つらい。

ScrumAllianceのサイトでログインして、Dashboardを表示

https://certification.scrumalliance.org/dashboard

「Manage SEUs」をクリックして、SEU一覧の画面を表示

  • 画面上部の表に登録済みのSEUが表示されている。
  • 画面下部の「Enter a Scrum Education Unit」からSEUを登録する。

認定スクラムマスタ研修のSEUsを登録

最初、認定スクラムマスタ研修のSEUsは自動的に登録されていたので何もすることはないと思ったけど、よく見るとびっくりマークが表示されている!!
f:id:kobase16:20190620225210p:plain

カーソルを合わせると「Cannot be used until complited」の文字!?

どうやら研修の概要は自動入力してくれていたようだが
「How has this course or coaching helped you develop as a Scrum practitioner?」
の部分を自分で記述する必要があったらしい(考えてみれば当たり前なのだが)

自分で何もせずに一覧に出ていたので油断していた。

Editから記述して登録した

New SEU

RSGT2019の場合の例

  • General Information
    • Event Name:Regional Scrum Gathering Tokyo 2019
    • Start on:2019-01-09
    • End on:2019-01-11
    • Role:Participant (参加者)
    • How would you rate this Event? (5 being excellent)(イベントの評価(5が高い)):5
  • Organization Information
    • Event Organizer or Scrum Alliance Endorsed User Group Name(イベント主催者 or Scrum Allianceの承認ユーザーグループ名):一般社団法人スクラムギャザリング東京実行委員会
    • Event Organizer or Event URL:https://2019.scrumgatheringtokyo.org/index.html
    • How has this event helped you develop as a Scrum practitioner?(このイベントはスクラム実践者として、あなたの発展にどのように役立ちましたか?):※記述式。
    • Number of Hours you Attended(出席した時間):18 ※この時間がSEUに換算されるはず。Networking Partyの時間を入れていいのかは不明。

登録後

このあとチェックがあるのかな?

日本語で書いてみたのがOKなのかわからないし、しばらくは待ちかなー。
あとで気づいたけど、「All information must be provided in English.」と書いてあるので、英語でないとNG
おそらく、内容は更新の申請にチェックされるようだ。